10:00〜19:00 (月・水〜日/祝)
休診日/火曜日

コラム

COLUMN

ダーマペンは目の下のクマ・シワなど様々な肌トラブルに効果的!

ダーマペンは極細の針を使い、肌に穴を開けることで自然治癒力を引き出す効果があります。目の下に施術を行なった際も同様で、クマやシワだけでなく様々な肌トラブルに対しての改善効果が期待できます。

ただしダーマペンの効果を大きく実感するためには継続して治療を続けることが肝心で、利用方法を間違えると肌トラブルが悪化することもあるため事前知識を理解することが重要です。ダーマペンの効果や注意点について解説します。

目の下へのダーマペンで効果がでる仕組み


ダーマペンの施術では極細の針を使い、肌に微細の穴を開け真皮を穿通することで線維芽細胞が活性化され、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成します。自然治癒力が活性化され、ターンオーバーのサイクルが促進されることで肌の状態が次第に改善されていくことが特徴です。

肌状態の改善に適したマッサージピールを加える「ヴェルベットスキン」をダーマペンに組み合わせることで、美肌効果がさらに高まります。

治療を継続することで効果が上がる

ダーマペンは一度だけでも効果がありますが、継続して治療することで実感が大きくなります。肌の傷が修復した頃に再度施術を行うことで、肌質を改善する成分がさらに活性化されるからです。

肌トラブルの種類や状態によって効果を実感できる回数には差がありますが、多くの人が5回程度治療を継続することで、驚くほどの成果を感じられています。ダーマペンを受ける際は、継続的に施術に通える環境を整えることが大切です。

ダーマペンを目の下に行なった場合に期待できる効果

ダーマペンを目の下に行なった場合も他の箇所と同様に多くの改善効果が期待できます。ただし担当する医師の技術、経験によって結果は大きく異なるため、クリニックの選択は慎重に行うべきです。

シワ・クマの改善

ダーマペンによって生成されるコラーゲン・エラスチンは肌の弾力となる成分です。傷が修復される過程で、肌はハリのある若々しい状態へと戻りシワの状態が改善されます。目の下や目の周りにシワがあって悩みを抱えている人にとって、ダーマペンは強い味方になるでしょう。

クマが目立ち、悩んでいる人も多いですが、種類によって原因が異なります。青クマは睡眠不足や血行不良、黒クマは肌のハリ不足、茶クマは色素沈着や紫外線というように、原因が違えば対策方法も異なります。ダーマペンはこれらの症状にも効果が見込める施術です。

シミ・たるみの改善

シミは紫外線を浴びたり、肌に刺激が与えられたりすることによってメラニンが活性化し作られます。

通常であればメラニンはターンオーバーによって身体から排出されますが、サイクルが乱れてしまうことで蓄積されます。結果として加齢とともにシミが目立つようになりますが、ダーマペンの施術はターンオーバーを促進させる働きがあるため、メラニンの排出が正常化し、シミの状態が改善されるのです。

また肌のハリが増すことでたるみは解消され、きめ細やかな状態へと生まれ変わります。たるみや毛穴の開きは加齢によって悩みの種になる人が多いですが、ダーマペンで新陳代者が高まることで、自然に問題が解消されるでしょう。

ニキビ・ニキビ跡の改善

ニキビ・ニキビ跡も治療の経過とともに肌の再生が促されます。ニキビ跡の場合は重度化すると皮膚の凹みや盛り上がってしまうこともありますが、施術回数を重ねるごとに目立たなくなり、綺麗な肌へと生まれ代わります。ニキビ後の状態によっては何度か継続した後に効果が訪れる場合もありますが、5回程度施術を重ねれば肌の変化に驚かれるはずです。

ただしニキビ・ニキビ跡に関しては、赤みや腫れた状態が残っている段階で施術を行なってしまうと悪化する可能性がありますが、事前に診断をしたあとに治療に臨むため心配いりません。

ダーマペンを目の下に行う際の注意点

ダーマペンを目の下に行う際に注意したい点は下記の5つです。場合によっては取り返しがつかなくなる程の失敗となるリスクがあるため、必ず守りましょう。

セルフは避ける

セルフダーマペンによる失敗事例は非常に多く、最も注意したい項目です。

市場に出回っている器具は、クリニックで使用しているものとは全く異なった模造品です。場所と道具が不衛生であれば感染症を引き起こす可能性もあります。費用の安さから自らの手で行う人が後を絶ちませんが、後悔することにならないためにもセルフダーマペンはやめましょう。

実績のあるクリニックを選ぶ

同じダーマペンを扱っているクリニックでも、医師の技術や経験は大きく異なります。医師の腕が未熟であれば、理想の結果が手に入る可能性は少なくなり、失敗のリスクは上がってしまいます。クリニックのHPや口コミ、またはカウンセリングの対応などを参考にし、実績があり信頼できる医師を頼りましょう。

ダウンタイムの注意事項を守る

美容整形にはダウンタイムがつきものです。ダウンタイムがあるからこそ、理想の自分へと近づけるともいえるでしょう。

重要なことはダウンタイム中の過ごし方であり、注意事項を正しく守れるかどうかで経過や結果に差が表れます。ダウンタイム中は傷ついた肌へ過剰な刺激を与えず過ごす必要があります。注意事項を守り、肌に負担をかけずに過ごしましょう。

治療回数の目安には個人差がある

肌トラブルの状態や回復力などは人により異なるため、治療回数の目安にも個人差があります。症状が重度化している場合では、一度だけの治療では実感が少ない、といった声も存在します。そのような状況でも、継続的に治療を続けることで確実に肌の状態は改善しており、回数を重ねるごとに実感が大きくなることが特徴です。

事前の診断とカウンセリングの際に治療回数の目安を医師に確認しても良いでしょう。

施術について不安がある際は医師へ相談する

ダーマペンでは針を肌に刺す治療法です。痛みを緩和するために麻酔クリームが用意されていますが、それでも不安がある人もいれば、失敗やリスクについて心配がある人も多くいらっしゃいます。
もし治療について不安や心配な点があれば、遠慮なく医師へ相談してください。不安を取り除き、安心して施術に臨めるよう、様々なサポートをしてもらえるはずです。

まとめ

ダーマペンは技術と実績のあるクリニックで施術を受けることが何より重要です。また継続的に通うことで効果の実感が強まることも特徴の一つです。

エールクリニックでは大手美容クリニックにて経験・実績を積んだ医師と経験豊富なスタッフが在籍しており、丁寧な診察を行った上で、お客様のニーズに合った治療を行なっています。たった数回の治療でも、成功の度合いによって未来は大きく変化するでしょう。来店してくださったお客様に対し、満足度の高い美容医療を提供することが当院の使命です。

インスタグラムは
コチラ
LINE予約は
コチラ
電話予約は
コチラ