火曜日定休日
11:00〜20:00(月,水〜日)

コラム

COLUMN

赤みやクレーター…ニキビ跡はどうやって治す?ケア方法やNG行動も解説

ニキビに悩む人は多いですが、同時にニキビ跡に悩む人も少なくないでしょう。せっかく治ったと思ったのにふと鏡を見ると、ニキビ跡が顔に残ってしまっているというトラブルは、珍しくありません。

本記事ではニキビ跡について、発生する原因や対策、悪化させてしまうNG行動などを解説します。参考にして、ニキビ跡のトラブルを解決する助けにしてください。

ニキビ跡とは?

ニキビ跡とは、ニキビができた場所に残る跡のことです。仮にニキビそのものが治っていても、跡だけ残るということはよくあります。

ひとくちにニキビ跡と言ってもさまざまなケースがあるため、一概に特徴を説明できるものではありません。ただし、ケア方法は基本的に同様です。

ニキビが跡になる原因

ニキビが跡になる原因は、跡のタイプによって異なります。具体的には以下のとおりです。

シミが残る:ニキビの炎症がメラノサイトを刺激し、メラニン色素を生成してしまう
クレーターが残る:炎症が肌の真皮層に達し一府組織が破壊されてしまう
ケロイドが残る:炎症が長く続き、修復のためのコラーゲンが過剰生成される

ただしニキビ跡の発生のしやすさは個人差があります。同種類のニキビが同期間できていたとしても、ある人はきれいに治り別の人は跡が残った、ということも珍しくはありません。

跡になりやすいニキビの種類と場所

ニキビとひとくちにいっても、跡になりやすい種類のニキビがあり、場所もある程度絞られます。具体的には以下のとおりです。

【跡になりやすいニキビと発生場所】

跡になりやすいニキビ種類 赤・黄・紫ニキビ
(悪化するにつれ赤→黄→紫に変化)
跡になりやすい場所
  • おでこ・こめかみ(皮脂腺が発達している)
  • フェイスライン部分(乾燥しやすくダメージが蓄積しやすい)
  • 白・黒ニキビは比較的跡になりにくいです。また、鼻部分やあごのニキビなども同様、比較的跡になりにくいです。

    ただし、あくまで跡になりにくいだけでなく、絶対にならないというわけではないため、いずれにしろケアが必要です。

    ニキビ跡は美容クリニックでの改善がおすすめ

    ニキビ跡は、美容クリニックでの治療による改善がおすすめです。

    ひとくちにニキビ跡治療と言ってもさまざまですが、一般的には以下のいずれかでニキビ跡治療を行います。

  • ダーマペン
  • 水光注射
  • 各種レーザー治療
  • 総じて言えるのは、メスなどを使用しないため体への負担が軽く、気軽に施術を受けられること。また、セルフケアで改善するよりも効果が高く、治りが早いことです。

    ダーマペン

    ダーマペンとは、ハンコ注射のような極細かつ無数の針を患部に刺し、肌を刺激して美肌効果を期待する施術です。刺すといっても2mmまでほどのことであり、深くまで刺すわけではありません。

    刺すことで、肌が傷を修復しようと活性化します。結果的に肌質改善になり、ターンオーバーが促進され、ニキビ跡改善を始めとする美肌効果が生まれるのです。

    水光注射

    水光注射もダーマペンと同様、極細の針を持つハンコ注射のような器具を施術部位に刺し、美肌をもたらす施術です。ダーマペンと違い器具はやや大きめであるため、細かい施術部位には向きません。

    一方で薬液を注入することが可能であり、さらに高い効果を期待できるというメリットもあります。

    各種レーザー治療

    美肌効果を持つ各種レーザー治療も、ニキビ跡に有効です。レーザーであるため針などは刺さず、レーザーによる熱などの刺激で肌を活性化させ、美肌効果を高めます。

    美容整形の世界ではさまざまなレーザー治療があり、クリニックごとに扱っている施術メニューが異なります。そのため、ニキビ跡に有効なレーザーがあるかどうか確認してから、クリニックを決定しましょう。

    なお、当クリニックではハイフ・ピコレーザーを受け付けています。

    セルフでできるニキビ跡ケア

    ニキビ跡はセルフケアを行うことも可能です。具体的な方法は以下のとおりです。

  • 紫外線対策
  • 適切なスキンケア
  • 健康的な生活
  • ニキビ跡のセルフケア方法は、いずれも基本的なことが多く、特別なことをする必要はありません。大切なことは基本のスキンケアをおろそかにしないことと、即時の効果が無くとも続けていくことです。

    ただし、セルフのスキンケアは必ず効果が出るとは限りません。どうしても解決しない場合は、美容整形施術をおすすめします。

    やってはいけない!ニキビ悪化のNG行動

    以下は、ニキビの悪化に繋がってしまうNG行動です。

  • 過度の刺激を与える
  • 洗顔のし過ぎ
  • 不摂生な生活を送る
  • ストレスを溜める
  • ニキビの悪化はニキビ跡の発生に繋がります。速やかに治すためにも、適切なケアを行いましょう。

    過度の刺激を与える

    肌に過度の刺激を与えるのはNGです。

    特にニキビができてしまうと、つい気になってしまい手で触れる人は多いですが、かえって悪化の原因になってしまいます。触れるだけでなく、潰して膿を出したりという行為もよくありません。

    ケアはしつつ、不要な刺激はしないようにしましょう。

    洗顔のし過ぎ

    洗顔しすぎもNG行動のひとつです。

    ニキビができると、「早く治したい」「きれいにしなければ」と感じてしまうものです。その結果、つい洗顔しすぎてしまう人が多いです。

    しかし、過度の洗顔は必要な皮脂も落としてしまい、かえって逆効果となるのです。何事もやり過ぎは良くないことを覚えておき、適度な洗顔を心がけましょう。

    不摂生な生活を送る

    不摂生な生活は、ニキビの発生や悪化の原因になります。

    できるだけバランスの取れた食事を行い、油っこいものは控えめにしましょう。野菜を中心にし、食事を抜かないで3食摂ってください。

    また、十分な睡眠時間も重要です。「睡眠不足はお肌の大敵」とは本当のことであり、眠れていなければニキビの治癒が遅れ、肌質が悪化します。加えて、夜に眠っている方が美肌ホルモンが活発に分泌されるため、昼夜逆転のような生活もおすすめできません。

    ストレスを溜める

    ストレスを溜めることでニキビは発生してしまいます。

    正確に言うとストレスが溜まることで、ホルモンバランスが崩れ皮脂の分泌が活発になってしまい、ニキビが発生するようになってしまうのです。

    無理はしないようにし、十分な休息をとりましょう。また、自分の時間を大切にし、定期的にリフレッシュするように心がけましょう。

    ニキビ跡の悩みはエールクリニックで解決

    ニキビ跡は、美容クリニックの施術で改善可能です。セルフケアでどうにもならないと感じた場合は、相談だけでも行なってみてください。

    クリニックの当てが無い場合は、ぜひ当クリニックにお越しください。

    インスタグラムは
    コチラ
    LINE予約は
    コチラ
    電話予約は
    コチラ