10:00〜19:00 (月・水〜日/祝)
休診日/火曜日

コラム

COLUMN

顎の梅干し皺がある場合はどうすれば良い?原因や消す方法を徹底解説

「顎に梅干しみたいな皺ができていて気になる…」という悩みを持つ人は、少なくありません。

顎の梅干しは、特に何をしていなくても自然に出てしまう性質の皺です。そのため、自分では普通の顔をしているつもりが、顎に皺ができてしまうためコンプレックスとなります。日常のちょっとした場面でも、「今皺ができているんだろうな」と思いながら過ごすのはストレスでしょう。

本記事では顎の梅干し皺について、原因や対策を解説します。参考にして、悩みの元となる皺を解消してください。

顎の梅干し皺とは?

顎の梅干し皺とは、顎の部分に生じるシワのことです。シワの見た目が梅干しの皺に似ているため、梅干し皺と呼ばれます。

顎の梅干し皺は、特に変わった表情をしていなくても、できてしまうのが特徴です。本人は普通にしているつもりでも、周りから見るといつも皺がある人に見えてしまいます。

コンプレックスの原因になりがちですが、一方でどうケアを行えば良いかわからず、なし崩しに放置してしまっているという人も少なくありません。

顎の梅干しはなぜできる?

顎の梅干し皺ができる原因は、大まかに以下の2つです。

  • 歯並びが悪い
  • 下顎の位置が引っ込んでいる
  • なお、上記の条件に当てはまる=必ず梅干し皺ができると限っているわけではありません。条件を満たしていても、梅干し皺はできていないという人も多いです。

    歯並びや顎の位置は遺伝の要素も大きいため、梅干し皺ができるからといって、本人の生活態度などに問題があるというわけでもありません。言い換えると、本人の努力では解決しづらいのが実際の所です。

    歯並びが悪い

    歯並びが悪いと、顎の梅干し皺の原因になります。具体的に言うと、以下に合致する歯並びで起こる確率が高いです。

  • 出っ歯
  • 口ゴボ(口が鼻よりも前に突き出している状態)
  • 開咬(上下の前歯が噛み合わない)
  • まとめると、歯が一般的な位置よりも顔の前に突き出ている場合、梅干し皺が出やすくなるということです。

    歯が前に出ていると、口を閉じる際オトガイ筋と呼ばれる筋肉に力を入れなければ、唇同士が閉じません。しかしオトガイ筋に力を入れると、梅干し皺が生じやすいため、結果として口を閉じている時=梅干し皺ができている時になってしまうのです。

    下顎の位置が引っ込んでいる

    下顎の位置が引っ込んでいる人も、梅干し皺ができやすいです。

    前述しましたが、口を閉じる際オトガイ筋と呼ばれる筋肉に力を入れなければ、唇同士が閉じない人が居ます。そしてオトガイ筋に力を入れると、梅干し皺が生じてしまいます。これが、梅干し皺に悩む人の根本的な原因です。

    下顎の位置が骨格的に引っ込んでいる人は、口を閉じるために、下顎をやや前に出さなければいけません。この時にオトガイ筋に力が入ってしまうため、顎が引っ込んでいる人は梅干し皺ができやすいのです。

    顎の梅干しを消す方法

    顎の梅干しを消す方法は、主に以下の3つです。

  • ボトックス
  • ヒアルロン酸
  • 歯並びの矯正
  • ボトックス・ヒアルロン酸は美容クリニックで受けられる美容施術です。対して、歯列矯正は一般的に歯科医療の分野になります。どの方法で解決しようか迷う人は、両方に一度相談に行った上で決定するのも、ひとつの方法です。

    「クリニックは、行ったら施術を決めないといけないのでは?」と心配する人も居ますが、それは誤解です。カウンセリングのみでも構いません、まずは相談に来てください。

    ボトックス

    ボトックスは、顎の梅干し皺に有効な施術です。

    そもそもボトックスは、注射で打たれた部位の筋肉を弛緩させる作用があります。この効果を利用し、顎にボトックスを打つことで、オトガイ筋を強制的に弛緩させて皺を消すのです。

    オトガイ筋にだけ打つのではなく、実際はその周辺にも打って、全体を見ながらバランス良く仕上げていきます。また、筋肉を弛緩させるといっても、顎が動かなくなるというわけではありません。

    ヒアルロン酸

    ヒアルロン酸も、顎の梅干し皺に有効です。

    正確にはボトックスと併用し、さらに自然な仕上がりにすることに有効です。ヒアルロン酸のみで梅干し皺の解決をはかることは、あまりありません。

    ヒアルロン酸を打つことで、ボトックスで動きの緩んだ顎にシャープなラインを取り戻します。特に顎が引っ込んでいる人は、ヒアルロン酸でボリュームを付け足されることで、バランスが良くなります。

    歯並びの矯正

    歯並びを矯正し、前に出ている部分を治すことで、顎の梅干し皺の解決になることもあります。

    ただし、皺はあくまで歯が前に出ていることが原因です。並び方が悪いことが原因ではありません。そのため、歯列矯正をしても、梅干し皺がなくならないこともあります。また、歯列矯正は時間がかかります。

    確実に皺を消したいのであれば、美容クリニックで施術を受けるのがおすすめです。

    【参考】セルフケアで顎の梅干しは消せる?

    残念ですが、セルフケアで顎の梅干しを消すのは困難です。

    そもそも梅干し皺に悩む多くの人は、シワを作りたいと思って作っているわけではありません。ただオトガイ筋に力を入れなければ、スムーズに口が閉じないのでそうしているだけに過ぎないのです。

    そういった必要に迫られる習慣を、自分の意志で変えるのは至難の業です。一時的には可能でも、常に続けられる人は居ないでしょう。

    顎の梅干に美容クリニックがおすすめの理由

    顎の梅干し皺解消には、美容クリニックでの施術がおすすめです。

    セルフケアで皺を消すのが困難である以上、解決法には美容クリニックがもっとも確実かつ早い道のりです。コンプレックスの解消は、早いに越したことはありません。お悩みの方は、ぜひクリニックの利用を検討してください。

    顎の梅干し解消はエールクリニックで

    顎の梅干し皺を解消したい方は、ぜひエールクリニックにて施術をお受けください。熟練の腕を持つ医師が、顎部分だけでなく、顔全体をトータルでチェックし自然な仕上がりを提供します。

    まだ施術の決断はできないという方でも、まずはカウンセリングだけで構いません。ご利用をお待ちしています。

    【まとめ】顎の梅干しは解決できる

    顎の梅干し皺は、解決可能なトラブルです。ただし、自力での解消は困難であり、一般的には美容施術の力を借りなくてはなりません。

    ボトックスとヒアルロン酸は、共に注射を打つのみの施術であり、患者側の体にはほとんど負担のかからない施術です。術前後に特別なことをする必要もなく、美容施術は初めてという人にも、比較的気軽に受けていただけます。ぜひ施術をご検討ください。

    インスタグラムは
    コチラ
    LINE予約は
    コチラ
    電話予約は
    コチラ