火曜日定休日
11:00〜20:00(月,水〜日)

コラム

COLUMN

ポテンツァとダーマペンはどっちが痛い?違いや似ているポイントも併せて解説

「ポテンツァとダーマペンはどっちが痛い?」と疑問に思う人は、少なくありません。双方痛みが少ないと言われますが、痛みに弱い人は、より痛まない方を選びたいと自然に考えてしまうでしょう。

本記事では、ポテンツァとダーマペンの違いを、痛みだけでなくさまざまな要素で比べます。参考にして、より自分に適した方を選んでください。

ポテンツァとは?

ポテンツァとは、極細の針(マイクロニードル)を肌に刺し、美肌効果を得る施術です。針・薬液・針先から出るラジオ波の3つが同時に作用し、高い美肌効果を実現します。

針で刺すといっても、一般的な注射のように刺すわけではなく、2~3mm程度の深さまでしか刺さない、ごく浅いものです。

タイトニングとは?

ポテンツァには、タイトニングという施術形態があります。ポテンツァには違いありませんが、こちらはノンニードル(針無し)治療であり、ラジオ波のみで肌を刺激します。

痛みが特に不安である、わずかでも針を刺したくない、という人にお勧めです。

ポテンツァとダーマペンは似ている?

ポテンツァとダーマペンは共通している部分も多いため、似ていると考えられがちであることは事実です。どちらもマイクロニードルで肌を活性化させるほか、体への負担が軽くダウンタイムが短いことや、傷が小さいなどのメリットも同じです。

しかし実際の所、相違点もたくさんあります。それらも含めて知った上で、施術を検討するのがおすすめです。

ポテンツァとダーマペンはどちらが痛い?

ポテンツァとダーマペンでは、ダーマペンの方がやや痛みが強いです。ただし、前提としてどちらも美容施術の中では、痛みが軽い方です。ダーマペンも痛まない施術であることは事実であり、ポテンツァの方がさらに痛まないというだけです。

ポテンツァの方が痛まないのは、薬液・ラジオ波のおかげで肌がより刺激されるためです。針だけの刺激に頼らないため、ダーマペンよりさらに浅い刺し方になるのです。

ポテンツァとダーマペンの違い

ポテンツァとダーマペンには多くの違いがありますが、本記事では特に重要な以下の要素について解説します。

  • 施術の仕組み
  • 効果の高さ
  • 効果の種類
  • 施術のしやすさ
  • 受けられる人
  • 費用

他に気になる点がある場合は、遠慮せずクリニックに質問しましょう。

施術の仕組み

施術の仕組みの違いは以下のとおりです。

【共通点】

  • マイクロニードルを刺す
  • 刺す深さは浅い

【違う点】

  • ポテンツァは薬液の塗布が前提であり浸透しやすい(ダーマペンではオプション)
  • ポテンツァは針先から高周波が出る
  • ポテンツァは高周波を利用したノンニードル治療が可能

簡単に言うと、ダーマペンはより刺すことに特化した施術方法と言えます。多機能なのは、ポテンツァの方です。

効果の高さ

ポテンツァとダーマペンでは、効果の高さも違います。簡単に言うと、ポテンツァの方が効果は高いです。

ポテンツァは針・薬液・高周波の3つの刺激によって肌を活性化させるため、針の刺激のみであるダーマペンに比べると、効果が高いのです。そのため、ポテンツァであってもタイトニング(針無し)の場合は、ダーマペンと効果のほどがあまり変わらない場合もあります。

効果の種類

ポテンツァとダーマペンの効果は、以下のとおりです。

【共通効果】

  • ニキビやニキビ痕の改善
  • 毛穴の開きの改善
  • お肌のハリや弾力を蘇らせる
  • しわやたるみの改善

【ポテンツァのみの効果】

  • 傷跡
  • 赤ら顔(酒さ・紅潮)
  • 肝斑

特に肝斑に関しては、ポテンツァの人気が高いです。「シミは改善できるが、肝斑にはあまり効果が無い」という施術が多い中、ポテンツァであれば肝斑に対応可能です。

施術のしやすさ

ポテンツァとダーマペンでは、施術のしやすさも少し異なります。

ダーマペンの方が、施術はしやすいです。器具がペン型であり、顔の細かい部分にも対応できて、比較的簡単にムラなく施術することが可能です。

対してポテンツァは、小さいとはいえダーマペンよりは器具が大きいです。そのため、当てたい部位によっては、多少施術が難しいこともあります。ダーマペンでも変わりはありませんが、できるだけ腕の良いクリニックで施術を受けて、ムラの無い仕上がりにしてもらいましょう。

受けられない人

受けられない人はほとんど共通しており、主に以下のとおりです。

【両方の施術を共通して受けられない人】

  • 妊娠中・授乳中である
  • 皮膚が弱い・皮膚疾患がある
  • 特定の疾患がある

加えてポテンツァの場合は、「施術部位に金属が入っている人」という条件がつきます。顔に金糸の入っている人などは要注意です。ポテンツァは針先から高周波が出ますが、この高周波が金属と反応し、トラブルの原因となってしまうためです。

費用

費用の話としては、ポテンツァの方がより高いと言わざるを得ません。もちろんその分効果は高いですが、純粋に価格という意味ではダーマペンの方が安くつきます。

価格が気になる・安さを最優先したいという人は、ポテンツァは止めてダーマペンをしてみるのもひとつの方法です。

結論としてどっちがおすすめ?

ポテンツァ・ダーマペンではどっちがおすすめかという結論に対しては、「どちらも長所があり比べる対象でない」という言い方が正確です。

ポテンツァにもダーマペンにも、それぞれ独自のメリットがあり、デメリットがあります。対して、施術を受ける人も、効果の高さや痛みの弱さ、費用感など、さまざまな条件を踏まえて施術を決定します。

その際、施術を受ける人がどの条件を最優先するかは、人によって異なります。そのため、一概に「こちらにした方が絶対に良い」などということは言えません。

もし自分では決められないと感じたら、カウンセリングで相談しましょう。

ポテンツァ・ダーマペンはエールクリニックで

ポテンツァやダーマペン施術を受けたい。でも、どこで受ければ良いかわからないという人は、ぜひエールクリニックにて施術をお受けください。

もちろん、ダーマペンとポテンツァ、どちらを選べば良いか決めかねている、という相談でもかまいません。じっくりカウンセリングを行い、受ける施術を一緒に決めましょう。決定したらその先は、高い技術力を持つ当院のスタッフにお任せください。

エールクリニックのポテンツァ治療へ
エールクリニックのダーマペン治療へ

まとめ

ポテンツァとダーマペンは、痛み以外にもさまざまな点が異なっています。痛いかどうかも重要ですが、他の条件も視野に入れつつ、本当に自分に適している方を選ぶことが大切です。
どうしても選べなければ、美容クリニックで話をしてから結論を出すのも良いでしょう。時間とお金を割くことであるからこそ、焦らず慎重に決めてください。

インスタグラムは
コチラ
LINE予約は
コチラ
電話予約は
コチラ